ベトナム業界団体 藤沢に事務局開設

24/04/2018

ベトナム国内のソフトウェア開発企業など約200社が参加する業界団体「VNITO Alliance」が、日本国内で初となる事務局を藤沢商工会館ミナパーク内の湘南藤沢インキュベーションセンターに開設した。

 

来日したクエンさん(前列中央)

ベトナムと藤沢市は、湘南産業振興財団を通じ、2014年から交流をスタート、これまで藤沢の企業がベトナム企業に仕事を発注し、共同で製品開発を行うなどの実績がある。昨年10月には、財団と同団体双方の会員企業や支援企業のビジネスマッチングや進出などを支援するための覚書を締結。藤沢市内での開設のきっかけとなった。

11日には、同社副社長のクエン・グェンさんが来日。「ベトナムと藤沢の企業間で、さまざまな経済交流が生まれることを期待したい。これから日本進出を考えている企業には藤沢を推薦する」と話した。

(townnews.co.jp)

Latest news

  • QTSCがスマートなドキュメントマネージメントシステムを展開
    05/02/2019

    QTSCテレコムセンターは、スマートなドキュメントマネージメントシステム(DocQ)という新しいサービスを展開しています。 これは、組織のすべての非構造化情報を収集、管理、保管して、ユーザー、他のアプリケーション、および組織のビジネスプロセスに配布するシステムです。

  • データセンター・インフラ・サービス
    10/01/2019

    QTSCテレコムセンターは、QTSCの通信ネットワークインフラとデータセンターを担当しています。

  • QTSCの総合・オペレーションセンター(IOC)
    08/11/2018

    2018年6月、QTSCは管理・監視のことを向上するため、QTSC内のIT企業と協力して、IoT(Internet of Things)の技術で総合オペレーションセンター(IOC)のシステムを開発しました。

  • QTSCは、地区レベルのデータベースを作成するための デジタル化ソリューションを提供
    30/10/2018

    ホーチミン市の行政機関が行政手続の処理時間を最小限に抑え、電子政府の発展を促進しています。それに応じて、QTSCは、データベースを作成するための文書デジタル化ソリューションを提供しました。

  • VNITO、福岡県情報サービス協会と覚書
    04/09/2018

    ベトナムのソフトウエア開発企業の業界団体ベトナムITアウトソーシング(VNITO)・アライアンスは8月31日、福岡市で、福岡県情報サービス産業協会(FISA)と、両会員企業のビジネスや進出などを支援するための覚書(MOU)を交わした。VNITOは日本からのオフショア開発の受注拡大に向けて、年内に福岡市に日本法人VNITOジャパンを設立する計画だ。