QTSC ニュース
QTSC introdution [2014 - Japanese]

CÁC TIN BÀI KHÁC:
Xem tin theo ngày
Ngày

QTSC(クアンチュン・ソフトウェアシティ)概要

日本企業のR&D、ビジネスインキュベーションにおいて、ベトナムで最もダイナミックな場所であるクアンチュン・ソフトウェアシティ(QTSC)へようこそ! 2001年に設立されたクアンチュン・ソフトウェアシティ(QTSC)は、ホーチミン市の開発計画に沿った重要な複合的なビジネス施設のひとつであり、ベトナム有数のソフトウェアパークでもあります。

約43ヘクタールの広大なスペースには、20カ国超の外国企業を含む100以上のIT関連サービス企業が入居し、代表的な企業として、HP, IBM, TUV Rheinland, Globalcybersoft, GHP Far East, Digi-texx, Luxsoft HP, IBM, Luxsoft, TUV Rheinland などがあります。

22,000人以上の豊富な労働力、年25%の成長率を誇るQTSCは、今後ますますアジアの投資家の有益なデスティネーションとなるでしょう。ベトナム政府が他の地域にQTSCをモデルとした施設の拡大を計画していることからもご理解頂けると思います。

日本企業がQTSCを選択する6つの理由

立地条件

ベトナム経済の中心地のホーチミン市に位置

  • ベトナム経済の中心地のホーチミン市に位置することで、あらゆる交通アクセス、ビジネスに有利に働きます。タンソンニャット国際空港から約15分、市内中心地から35分。カンボジアのプノンペン首都からも車で4時間程度です。また近い将来、バスと電車といった交通システムの接続を予定しており生産拠点としての優れた機能を提供可能です。
  • QTSCの周辺には、バイオテクノロジーセンター、ハイテク農業地帯、ハイテク医療センターなどがあり、ベトナムのソフトウェア産業の中心施設として機能するだけの条件を備えています。

優遇政策

ホーチミンの優遇政策・ベトナムで最高の税制優遇政策も享受

  • 日本企業がベトナムに投資する大きな理由に、政府が積極的に企業に手厚い政策を打ち出している点、特に税制面でのコスト削減が挙げられます。QTSCは、課税所得が出てから4年間の免税、次の9年間では50%減税が約束されます。法人設立時にベトナムで製造されていない製品や設備には輸入税の免税が適用されます。
  • プロジェクトのために一時的に機械等を輸入してから、再輸出する場合は付加価値税と輸入税が免除され、ベトナムで消費されるソフトウェア製品およびサービスに対するVATは0%。輸出するソフトウェア製品の輸出入税は0%です。ベトナムに投資する上でのメリットを最大限享受できます。

優秀な労働力を豊富に確保

教育された優秀な人材をご提供します

  • 日本企業が本格的にベトナムに投資していく際、現地でソフトウェア開発等に従事できる人材不足が課題かと思います。QTSCはそうした課題を解決できるだけの優秀な人材を豊富に確保できます。
  • 6カ所のIT専攻トレーニングセンターと共に、技術者からマスターまで、信頼に耐えうるだけの人材を提供可能です。「FPT大学」「Hoa Sen大学」「Saigon Tech(ヒューストンコミュニティ大学の枝)」「Charm ITセンター有限会社(韓国のSoogsil大学と協力)」「ホーチミン市情報通信省のホーチミン情報通信トレーニング学校」「NIITセンター(インド)」などの学校施設と提携し、約16,000人の優秀な学生を派遣。
  • 日本企業が適切な人材を見つけるためのジョブフェア、iDay等の活動も行っています。
  • また教育訓練省より、QTSCにおいて500人以上のプロジェクトを実施する企業への人材支援を約束されており、企業のニーズに基づいたトレーニングカリキュラムを実施するなど、今後の人材育成計画においてもご期待頂けます。

充実した設備・環境

オフィス以外の複合施設が充実しています

  • QTSCは、"グリーン"ソフトウェアパークを目標に、多くの木々に囲まれた快適な環境、標準的な廃水処理システムを備えています。同時にダイニング、エンターテイメント、スポーツ、リラクゼーション、居住アパート、パーク内交通アクセスといった、"都市"としての快適な機能を有しており、海外投資先にとって魅力的な環境を形成しています。
  • 具体的には、綺麗でプロフェッショナルなサービスを受けられる高級レストランが7ヶ所、宿泊サービスシステムとして、18のヴィラや120ものアパートがあり、市内とを結ぶバスの路線も10線ほど開通しています。その他、国際基準の幼稚園、駐車場、国内外へ配送する郵便局、Agribank, ACB, SCB銀行などの金融機関も充実しており、便利かつ安全にビジネスを進めることが可能です。

有力な現地ビジネスコミュニティ

日本企業が容易にベトナム国内市場に浸透

  • HP, IBM, TUV Rheinland, Globalcybersoft, GHP Far East, Digi-texx, Luxsoft のようなグローバル企業がソフトウェアやITサービスの分野に投資する際、投資地としてQTSCを選択されているのには理由があります。それはベトナムの大手企業と協働関係を簡単に構築できることです。
  • TMAソリューションズ、LARION、Viettel、Vinadataといったベトナム大手企業のほか、100以上のIT企業が入居しているため、さまざまなビジネスコミュニケーションを形成できます。この大きなコミュニティを通じて、日本法人がベトナム国内の市場に浸透し、相互に協働関係深め、大規模なプロジェクトを実施する際には必要なリソースを共有できます。
  • またQTSCはインキュベーション支援にも注力しており、ビジネスインキュベーションセンターや会議場、コールセンター、バックオフィスサポート、専用サーバーの提供といったスタートアップ支援も行っています。

安心の電力供給・最先端の通信インフラ

4つの国際インターネットポータルに直接接続

  • 「電力供給や通信インフラは大丈夫だろうか?」これは人材面とともに日本企業がベトナムに投資する際の大きな課題です。QTSCならそうした課題をクリアできます。
  • 通信システムは、光ファイバでMPLS技術上で接続され、4つの国際インターネットポータルに直接接続。QTSCはISPの1つですので、顧客ニーズに迅速対応できます。プロの技術チームによる24時間365日のバックアップ電源システムを提供、TIER 3基準のデータセンター、情報セキュリティ管理システムのISO27001認証のほか、ホーチミン市の電子ストレージシステムはQTSCのデータセンターに設定されています。
  • 給水システム、公共電力による電力システム(40MVA/40,000KVA)、公共照明システムは、定期的にチェックされ、メンテナンスや修理も万全の体制を整備しています。

 

QTSCは日本のIT分野の投資組織を勧迎します!

ICT(情報通信)関連、研究・開発関連、人材提供・トレーニングセンター、ユーティリティサービス、保険、信用、金融組織及び投資基金

会社基本情報

企業理念・経営ビジョン

世界各国の企業とコラボレーションを続け、ベトナムにおけるグローバルソフトウェア開発拠点としてNo.1であり続けること。高品質なソフトウェア人材を育成して提供し続けること。低価格で高品質なソフトウェア開発センターを創造し続けること。


会社概要

社名 QUANG TRUNG SOFTWARE CITY
住所

Tan Chanh Hiep Ward
District 12, Ho Chi Minh City, Vietnam

アクセス:
タンソンニャット国際空港付近
ホーチミン市から30 km、60分
タンソンニャット国際空港から10 km、15分

TEL/FAX +84-8-3715-5984
+84-8-3715-5985
ウェブサイト www.qtsc.com.vn
創業年 2001年
従業員数 122名
事業主 100%クアンチュン・ソフトウェアシティ会社
(ホーチミン人民委員会)
事業形態 ソフトウェアパーク
総開発面積 43ha
その他施設 銀行、郵便局、レストラン、バス、専門化向けヴィラ、幼稚園、ワンストップサービス
入居企業数(国別) 102社(ベトナム企業58社、外国企業44社、うち日系9社)

主な入居企業様

本コンテンツは、QTSC(QUANG TRUNG SOFTWARE CITY)の日本語版ページです。公式サイト等の情報を日本企業向けに忠実に翻訳してダイジェストとしてまとめています。なお本ページの内容は利用者・閲覧者に対して一切責任を負うものではございません。また予告無くコンテンツの提供を中止する可能性があります。予めご了承ください。

※現地ベトナムにお問い合わせ頂く際はベトナム語もしくは英語にてお願い致します。